週末田舎暮らし 花・ガーデニング
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
雑草対策
- 2015/07/10(Fri) -
雑草の勢いがすごい。

ボクが最近ちょこっと体調を崩したことがあったからか
よもぎが雑草対策にのり出した!!  ?

それは、草刈りが減るように敷石の面積を増やそうというもの。

そうです。既に斜面の草刈りはかなりキツイ。
その上、刈払機はとてもキケンなのだ!
それ以前によもぎにエンジンが駆けられるかも怪し~い。
混合ガソリン作ったり、チップソーを研磨・交換したり、各部分解清掃グリスアップ、トラブルシューティング・・・
あ~もう絶対無理。

それよりは敷石の面積を増やした方がいいのだろう。


今年は紫陽花がよく咲いた。
紫陽花には雨に濡れた石畳がよく似合う。
草叢の中にイメージが涌いたのか、
思い立ったが吉日で、敷石購入。
もちろん事前の価格調査はあるのだが、ついてることに少し安くなっていて・・・
今日のよもぎは決断も行動も速いな。

とりあえず、
施工予定場所に下ろしてみた。
それだけでもなんとなく雰囲気だ。

で、誰が掘って均して埋めるのか?
川から砂を運ぶのは誰なのだろう?

疑問は尽きない。
     きなこ
あじさい
あじさい1
敷石





人気ブログランキングへ
この記事のURL | 花・ガーデニング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春を待つ 
- 2015/02/15(Sun) -
ここのところ、家カフェの改装や山の手入れ、
薪ストーブの薪集めなど少しずつ作業がはかどっていますが、
先日から、やっと荒れた庭の手入れにとりかかることが
できました。

雑草がとりはらわれると・・・・
そこには春を待つ花の蕾がちらほら。

毎年開花一番のりのスノードロップ。
すのどろ

クリスマスローズ。
くりろー2

葉は霜にやられてますが蕾は意外と寒さに強い沈丁花。
沈丁花

水仙はまだもうひといきかかりそう。
水仙

雑草に埋もれて、忘れてたわけじゃないんだけど、ごめんね~。
サンショウウオの住処をこわしてあやまるきなこ氏と
お花にあやまる私。

主には きなこ氏が溝掃除や草刈りなど力作業をしてくれましたが、
私も果樹の剪定や草引きなどがんばって、
なんとか、きもちのいい眺めになりました。
これで春を迎える準備が出来ました。           よもぎ

人気ブログランキングへ
この記事のURL | 花・ガーデニング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
フェンネルの花
- 2014/07/14(Mon) -
いつも食べ時を逃してしまうフェンネル。
今年も気が付けば、グングン背が高くなり、その丈1m80cmほどになりました。
ほんとうは若い茎?葉?を食べるはずだったんだけど~。
フェンネル

でも、花は結構かわいくて、よ~く見るとレースフラワーのように見えます。
もう少し待って種になれば、料理にまた使えるんですが、
たくさんあるので、小ぶりの花を食卓にアジサイと一緒に飾ってみました。
アジサイ フェンネル

打ち上げ花火みたいに空にむかってピューン、パチパチって感じに開いた
小花がなかなかキュートで、2人してお気に入り。
アジサイのブルーにいいアクセントになりました。
アレンジ2

この花をぱらぱら料理にちらしても、素敵なのです。
さっそくひらめいた きなこ が「イガイ」のワイン蒸しに使ってくれました。
結構、つかえるな~。フェンネル。
イガイわいん蒸し

                                  よもぎ

人気ブログランキングへ
この記事のURL | 花・ガーデニング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雑草対策の難しさ
- 2014/06/26(Thu) -
田舎の方は意外と簡単にこう言われます。

「除草剤使かやぁええがぁ~」

ちょっとしたゴミも

「川に捨てりゃあええ。」
「そこで燃やしゃあええが。」
って。

そんな気持ちも解らないではないと思いながら
そんな気持ちが田舎の良さをダメにしているんじゃないのかねぇ
そんな集落は無くなるわ。

さて週末我が家。
草ぼうぼう。
たった一輪の花の為
額に汗して草を引く

最近(いや以前から?)解ったことだが
花好きな人はどうやら雑草よりもそこのその花が目に入り
そこに注意がいくためにそんな雑草はたいした問題にならないようだ。

ん~

ここで例題
はどれだ2P1130230

紫色の茎に細長い葉っぱの草二つ
左はセイタカアワダチソウだが右は野生種のリンドウ(鹿の食害で激減してます)
右もしくは両方を引き抜くや
よもぎが烈火のごとく怒るでしょう。
 
問題
「ここの雑草を抜きなさい。ただしリンドウ等があれば残すこと。」
リンドウはどれだ1

答え
いちばん右と奥の紫の茎はセイタカです
左奥の濃い色の葉はテッポウ百合です

こんな草引きも一か月で元の木阿弥観阿弥世阿弥
雑草の生命力の強きこと

昭和天皇のお言葉にあるとききました
雑草なんて植物はない
皆そこに生えたくて生えているのですよ
と。
  
  どうすりゃいいのさ
    きなこ   






人気ブログランキングへ
この記事のURL | 花・ガーデニング | CM(2) | TB(0) | ▲ top
桃栗3年柿8年・・・・
- 2014/05/19(Mon) -
ひさしぶりすぎて何を書いてよいやら迷ってしまいますが・・・・
また少しずつ週末我が家のことを書いていきたいと思います。

ところで、
よくあることわざ、「桃栗3年、柿8年」ですが、意外と知らないその続き、
調べてみるといろんなパターンがあるようです。
「桃栗3年、柿8年、梅はスイスイ13年、梨はゆるゆる15年、
柚の大バカ18年、ミカンのマヌケは20年」 ですとか、
そこに枇杷がはいったり、リンゴは25年だとか。
なかには「女房の不作は60年。亭主の不作は一生もん」なんてのも。
(その逆バージョンもあったな~。)

いずれにしろ、実や花をつけるには、それなりに時間がかかるということ。
たしかに我が家も・・・前の住人の方が植えていた梨の木も私が植えた柚子の木も
まだまともになったことがありません。
藤の花

この藤も種を蒔いてから約5年。うんともすんとも花が咲きませんでした。
藤棚だけは何年も前から立派なものが出来上がり、花が咲くばかりになっていたのですが、
藤棚

毎年元気に葉ばかり茂り、夫からは「これはもうだめだね~」なんて言われて
いました。でも、あきらめずに待っててよかった~。
今年は3個だけですが、来年はもっと咲いてくれることでしょう。
梨と柚子もこれに続いてくれると嬉しいんですが~。   
桃栗3年 藤5年の我が家なのでした。
                                        よもぎ

人気ブログランキングへ
この記事のURL | 花・ガーデニング | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。