週末田舎暮らし 落ち葉焚き
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
落ち葉焚き
- 2015/11/15(Sun) -
ここのところ小春日和が続くものの、
初霜が降りてから
畑の様子はすっかり変わってしまった。

さつま芋の葉っぱは黒く縮んでしまっている。
が、葉柄(茎)はなんとか耐えていたので
慌ててこれをかき集めた。


きなこ母はこの茎を煮いて食べたいと言う。
今時こんなものを好んで食べる人、他にいるのかな。
でも、実家ではこれを甘くくたくたに煮いたものが正月料理の定番なのだ。

物の無かった時代には貴重な食糧だったのだろう。
さつま芋の茎を炒めながら、
母は母を思い出しているのだろうか。
♪苦労はしても 笑い話に 時が変える・・♪のだろうか。

そう言えば秋桜もすっかり散ってしまった。

ボクはやっぱり畑に埋まっている方が好きだな。

焼き芋がしたくて落ち葉を集めるのか
落ち葉を集めたから焼き芋をするのか
いずれにしろ一石二鳥だ。

焚火の炎が落ちてから、灰をほじって芋投入。
待つこと一時間余
アルミ箔に包まれたそれを掘り出し
アツアツを指で押してみて、焼け具合を確認だ。
よし。
そっとアルミ箔をめくると
それだけで甘~いにおいが広がります。
ははは。
ついにお芋さん登場!
ぱんぱんぱんとアルミ箔の隙間から入った灰を払いながら
アツアツ我慢して、両手で握って
ぱかっと割る!
甘い湯気が立ちます。
ははは。
そのままぱくっといきましょう。

女子じゃなくても焼き芋はうまーい。

     きなこ
焼き芋






スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
この記事のURL | 料理 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<本年もよろしくお願いいたします | メイン | カメムシ屋に入る>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kinakoyomogi.blog95.fc2.com/tb.php/544-74667faf
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。