週末田舎暮らし 雑草対策の難しさ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
雑草対策の難しさ
- 2014/06/26(Thu) -
田舎の方は意外と簡単にこう言われます。

「除草剤使かやぁええがぁ~」

ちょっとしたゴミも

「川に捨てりゃあええ。」
「そこで燃やしゃあええが。」
って。

そんな気持ちも解らないではないと思いながら
そんな気持ちが田舎の良さをダメにしているんじゃないのかねぇ
そんな集落は無くなるわ。

さて週末我が家。
草ぼうぼう。
たった一輪の花の為
額に汗して草を引く

最近(いや以前から?)解ったことだが
花好きな人はどうやら雑草よりもそこのその花が目に入り
そこに注意がいくためにそんな雑草はたいした問題にならないようだ。

ん~

ここで例題
はどれだ2P1130230

紫色の茎に細長い葉っぱの草二つ
左はセイタカアワダチソウだが右は野生種のリンドウ(鹿の食害で激減してます)
右もしくは両方を引き抜くや
よもぎが烈火のごとく怒るでしょう。
 
問題
「ここの雑草を抜きなさい。ただしリンドウ等があれば残すこと。」
リンドウはどれだ1

答え
いちばん右と奥の紫の茎はセイタカです
左奥の濃い色の葉はテッポウ百合です

こんな草引きも一か月で元の木阿弥観阿弥世阿弥
雑草の生命力の強きこと

昭和天皇のお言葉にあるとききました
雑草なんて植物はない
皆そこに生えたくて生えているのですよ
と。
  
  どうすりゃいいのさ
    きなこ   





スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
この記事のURL | 花・ガーデニング | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<吸いつく感じ? | メイン | 念願叶って>>
コメント
--
こんばんは。
どこの田舎も同じ? 我が家の周囲でも、農家の方は川にごみを捨て、果樹園に除草剤を撒き、黒い煙と異臭(石油製品)の焚火・・・無言。
それを尻目に雑草取りが日課の老婆(私)は清流に浮いて引っかかっている農業資材やらペットボトルを嘆きながら散歩、
昔はこの川岸にセリが沢山生えていた~と。
・・・一体何時から田舎が汚くなったのでしょうか?
2014/07/01 20:45  | URL | ROMI #-[ 編集] |  ▲ top

--
ROMIさん

昔はそれほど自然に危機感を持たずとも
おおらかでよかったんでしょうね。
でも、時代は変わって危機的な感じになってますね。

昔夫がもってた本に「百姓仕事が自然をつくる」というのが
あったんですが、ただ野菜をつくる、自然にやさしい農業という
だけではなくて、農が生物の営みや自然景観を生み出す
クリエイティブな作業なんだという内容で、共感しました。

幸いご近所さんのなかにも、若い世代の人たちのなかにも、
自然農の方や、いろんなかたちのナチュラリストの方が
増えているので、希望はあると思います!

もちろん我が家もがんばります!

2014/07/01 21:58  | URL | よもぎ #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kinakoyomogi.blog95.fc2.com/tb.php/485-14b543f8
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。