週末田舎暮らし 奮闘編
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
奮闘編
- 2013/12/02(Mon) -
週末我が家に到着するや
仕掛けたワナを見回る よもぎ。
「掛かってないよー。」

仕掛けた場所は畑のすぐ横に2丁のみ。
もちろん?計画通り木曜の夜にボクが来て
踏み抜かないようにしてあった板を退かしてあったのだが・・

「そうかー」と答えたものの
何が悪かったのかと夕方近くになって確認に。

「おや」(ワナが一つない・・)
  ないってどういう事?
「あれ?」(くくり付けておいたガードレールの板・・ない)
  まさか!

周辺を見回すと・・山の麓に・・
「あった!ガードレール」
そしてその向こうに!

大きな角の雄鹿がこっちを見ています。
「・・やべ。デカいわ。こりゃ一人じゃ無理・・」

と。すっかり尻込みし、
昭和元年生まれのベテラン猟師に助けを求める。

よっこらよっこら登る師
「あそこです!」 
「おお。大鹿じゃな。」
よっこらよっこら近づく師
「そっちからぶち殴れ。」
おっしゃる事がストレートです。

その通りにいたしました。

なんとか二人で組み伏せると
師はナイフを彼の喉元に構えました。
急に首をもたげる雄鹿
「おう。」
師はゆっくりとしかし余裕でかわします。
その動きはまるで酔拳の達人のようでありました。
そして最後の止め刺しを。

そこからは早かった。
一気にハラを抜く師。
「こっからこう切るんじゃ。しょんべん袋とくそ袋は切るなよ。」
師のナイフさばきは流石です。
「すぐにハラの中をきれいに洗っておけぇよ。」
そう言い残すと
にかっと笑って帰られました。

言われた通り獲物を吊し上げてハラの中をがしがし洗う頃には
もうすっかり日が落ちていたのです。

 料理編につづく
  きなこ
鹿1


  
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
この記事のURL | 狩猟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<花梨のコンポート 成功!! | メイン | 狩猟シーズンはじまる。>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kinakoyomogi.blog95.fc2.com/tb.php/454-70ba40c1
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。