週末田舎暮らし きのこ 続編
きのこ 続編
- 2012/10/21(Sun) -
秋の山。
食べられるきのこ以外にも いろいろと変わったきのこが目を楽しませてくれます。

サンコダケ
これもまた今年はじめてお目にかかったキノコのひとつ。
図鑑とにらめっこしつつ、たぶんこれは「サンコタケ」と判断。
ものすごい悪臭がするらしいのですが、これはそれほどでもなく、
でも顔を近づけて匂いを嗅ぐ勇気はなし。

カキシメジ

これは・・・出ました!
たぶん、間違えて中毒しやすい毒キノコの上位に入る「カキシメジ」です。
ずっしり重みがあってこげ茶色でなんだかおいしそうなんだけど、
腹痛、下痢など胃腸障害をおこすそうな。

モリノフジイロタケ?

これはたぶん食べられるけど、食べたことはないキノコ。
フウセンタケ科は似たものが多くてよくわからないけれど、
モリノフジイロタケかな?それともカワムラフウセンタケ?

後は・・・たぶん「ヒイロベニヒダタケ」と何かまったくわからない白いキノコ。
(後で、白いキノコはたぶん「オトメノカサ」ではないかという説が出てきました。
 もしそうなら食べられるらしいですが、でも疑わしきは食べないが鉄則。)
ヒイロベニヒダタケ
白いキノコ


はじめて山に入った時よりも種類が増えてる気がするけれど、
それは藪を刈ったり小枝を払ったりして多少風通しがよくなってるからかも。
山歩きはほんとに楽しいのです。
                               よもぎ
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<きのこ 料理編 | メイン | 今秋のキノコ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kinakoyomogi.blog95.fc2.com/tb.php/369-d36aeca6
| メイン |