週末田舎暮らし 今秋のキノコ
今秋のキノコ
- 2012/10/18(Thu) -
今年もやってきました、キノコの季節。
先日は時間が出来たので、山にキノコを探しに出かけました。

我が家はいつもこの季節しか探しに行かないので、大体 食べられるキノコは決まっていて、
今週はアミタケとヌメリイグチぐらい。
アミタケ

でも、その他の食べられないキノコに出会うのも楽しみのひとつなんです。

テングタケ科

まずはおなじみのドクベニタケ?やテングタケ科の何か?

ドクベニタケ

これは今年はじめて出会うキノコ。粉みたいなのがついてるからコガネタケかな?
コガネタケ

これもお初にお目にかかります。きなこ(夫)は、これを「ドクササコだよ」と
いいますが、でも裏のひだを見ると葉脈のようになっているので、わたしは
「アンズタケ」の仲間じゃないのかなぁと思うんだけど。
でもアンズタケのもうひとつの特徴であるアンズの匂いはしない・・・。
こういう似たものが多いのは絶対手をださないに限ります。
「ドクササコ」は食べてから数日たってから、体の末梢の部分に焼け火箸を
押し付けられたような痛みを発症するらしいです。恐ろしい・・・・。
アンズタケ


今年もアミタケをさっそくゆがいて味噌汁に投入。
ナメコのようなヌメリを楽しみつついただきました。

                           よもぎ



スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<きのこ 続編 | メイン | ビーツでボルシチ風シチューをつくる>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kinakoyomogi.blog95.fc2.com/tb.php/368-830ff1d3
| メイン |