週末田舎暮らし 奥越前紀行 1
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
奥越前紀行 1
- 2012/04/22(Sun) -
去年の里芋は満足の収穫だった。

選んだ品種は大野芋。
寒い地方の品種なら我が家の土地にも合うかなと。

まさかその地に行くことになるとは!

この度ご縁があり江戸彼岸桜の実生苗を譲っていただけることとなった某所
(一般に販売・配布されている所ではないので伏せておく)
それがなんと大野市だったのだ。

行くぞ!行くしかない!
Kトラ爆走片道350キロの旅!

よもぎと交代で運転して到着した大野市は、まだ雪の残る高い山々に囲まれた小さな町だった。
大野到着

数多くのお寺が点在し、まちのあちこちに清水(しょうず)と呼ばれる伏流水が涌いている。
清水2

古い民家は雪国の故か太い材が贅沢に使われており、庭の大きな赤松がその家の歴史を物語る。

そんな町の山裾に目的の地はある。

ボクらはほんとに人との出会いに恵まれている。
この方にお会いしてまたそう思った。

千年を超える寿命を持つ江戸彼岸その実生
ゆえに10年もしかすると20年咲かない。
でもいつかは花が咲き、これからずっと先自分がいなくなってもその桜が残る・・
男はそんな桜にロマンを追い求めるんだと・・

正に。
もはや表現しようのない共感を覚えた。

3年ものの苗は思ったより大きく、3M位あろうか。
今年の冬はそれがすっぽり隠れるほどの雪だったとの事。

鍬を入れた大野の土は黒くて一見粘土質のようだが、ほろほろと崩れやすい。
大野の里芋はこの土で育つのか!

心配してた雨にも合わず、雪山を背景にボクたちは無心に鍬を振るった。
吹き出す汗を拭っては根巻を施し
ここまではるばる連れてきてくれたKトラの荷台にせっせと積みこんだ。

いいところだ!
この景色この土のにおい!

豊かさが足元からも涌きあがってきた

            きなこ
桜の苗木と山

     よもぎによるお花・くいしんぼ編につづく・・  (?)





スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
この記事のURL | おでかけ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<奥越前紀行2 ~くいしんぼ編~ | メイン | 飛んだ訪問者?>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kinakoyomogi.blog95.fc2.com/tb.php/332-6f1f34d3
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。