週末田舎暮らし 拾って食べちゃえ
拾って食べちゃえ
- 2012/04/12(Thu) -
春の年中行事になりつつある潮干狩り
出船の確認をして出発だ。

駐車場の心配もあったので、早めに船着き場に到着。
出船までのしばし
期待感高めつつも暇を持て余す。
おやつのドーナツも食っちゃったし。

そこで。収穫前から砂抜き用の海水を汲みに浜に降りると、

おっ。
岩の上にイボニシ発見。
つい手が伸びた。

なつかしいなぁ。
子供の頃、釣りに出かけて釣れなくても決して手ぶらでは帰らんかったなぁ。
イボニシ・タマキビ・カメノテ・ヒザラガイ・バフンウニ・石蟹・なまこ・・・
ワカメ・岩のり・・・

そういえばこんなこと教えてくれたのは現在闘病中の父なのだ。
野山に出かけても同じだ。
これは食える・食えんって教わった。そればっかりだった。
野生動物のような人だ。
おかげで食糧難になっても生きていけそうだ。
冗談抜きで鳩やドジョウらのせいでそんな時代が再びやってくるかもしれんしよっ・・
半島の豚まんは花火上げる言うとるしよっ・・

ふとそんなこと考えてる横で
「これアオサ?」とよもぎ。
採ろうとしているようだ。
「そうやけどー。この横に生えてるのはモズクに似てるなぁ。知らんけど。」
同定用サンプルの採取との事ですが、勿論食べる気です。
こういう人でよかったです。
そう思いました。

船の時間になり高洲に上がるといつもの通り。
歩いて歩いて足に当たるアカニシを拾い、ハボウキガイを引っこ抜き(タイラギは減ってしまったなぁ)
ワカメを拾うのだ。
潮が止まってから砂をほじってみたが、二枚貝の類はほとんどいない。
さびしい限りだ。

それでもバケツ2杯の収穫は後処理が大変。(今日で4日目)
アカニシ
しかし冷凍すればこれで1年楽しめる。

イボニシをちまちまホジってビール飲みながら
また子供の頃を思い出した。
イボニシ

              きなこ

      もずくではなくフクロフノリでした。
      意外と旨かった。   
フクロフノリ


スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
この記事のURL | おでかけ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<飛んだ訪問者? | メイン | やっと水仙が開花>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kinakoyomogi.blog95.fc2.com/tb.php/330-687d2f7d
| メイン |