週末田舎暮らし 燻製づくり
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
燻製づくり
- 2012/01/22(Sun) -
田舎暮らしとアウトドアライフは何処か相容れるものがある。
燻製作りもその一つ。
男はだいたいこんなワイルドなのが大好きだ。

CWニコルさんの「鹿肉食のすすめ」に
モモ肉の燻製ハムが載っていて、これだ!と思った次第。
思いたったら実行あるのみよ。

一週間前に下拵えはしてあるのだ。
用意したのは前肩肉とモモ肉各一本。
塩を丁寧に摺込んでラップに巻き、週末我が家の冷蔵庫に寝かせてある。
その寝かせてある一週間で、燻製器の構造を練ってきた。
(仕事は一応していたが、頭の中は・・)

ホームセンターで購入したブリキ板×一枚・1200円也
それと、てんぷら油用温度計。
有り合わせの木材・釘など・・
イメージトレーニングが功奏し2時間余りで燻製器は完成した。
スモーカー作成中


早速火を入れテスト無しのぶっつけ本番。
この大きさは経験がない。
もう緊張と期待でドキドキワクワクよ。

最初は低めの温度で肉の表面をしっかり乾燥させる。
徐々に温度を上げ、70~80度で安定させる。
桜の薪を電気カンナで削り、大量のスモークチップを作ったがあんまり役立たず
結局太めの山桜の薪がぽくぽく燃えてる位が一番温度が安定し、
尚且つ少な目の煙が滞留せず昇り続ける状態に。
スモーカー

そして目標の6時間が経過した。
外はとっくに暗くなっていて、
よもぎは「もう帰ろうよ」オーラを出していたが、
煙の向こうから現れたそのつややかな飴色の鹿ハムに2人歓喜した。
「おー」
スモーク

勿論早速の味見でしょう。
「おおー」
ハム

「ハムじゃ。ハムができとるでぇ!」

塩だけの割にはなかなかいい味しているのだ。
スモークのいい香りもしっかりついている。
もう少し寝かせたらもっと美味くなるかもよ。

返す返すもあの鹿がこうなるなんて
本当にありがたいことです。
大切にいただきます。

満足感いっぱいで今週末も終わったのです。
            きなこ@







スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
この記事のURL | 狩猟 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<こんにゃくづくり その1 失敗編 | メイン | 灰汁のPH 測定>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kinakoyomogi.blog95.fc2.com/tb.php/308-5b9c7f1c
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。