週末田舎暮らし あみたけ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
あみたけ
- 2010/10/10(Sun) -
 それはもう30年以上前の記憶。
 ちょうどこの頃。そう体育の日の頃だった。
 赤松のある林に生えるあのきのこ。
 父に教わった食べられるきのこ。
 あみたけ。

 我が家の山にも一部赤松が生えているところがある。
 あるかも・・・。
 そんな期待を膨らませ、よもぎをつれていざ山中へ。
 なんせこのあいだ猪に遭遇したばかりだし、スズメ蜂もこの季節コワイ。
 
 赤松の下を重点的に捜す。
 ない。
 ないな~。
 やっぱり昔とは違うんかなー。
 もうちょっと下草刈らないといかんか?もうすこし日が当たらないと・・
 がさがさと分け入るきなこ。
 藪に突入するよもぎ。
 
 あきらめかけた頃、松葉を被ったおとなしそうなきのこが
 ん?あった?かも。
 手にとって傘の裏を確認。その不規則な網目。
 これだー!
 と思うよ。
 たぶん。たしか。いやいやそうに違いない!
アミタケ2.jpg
 
 一度見つかるとぱらぱらと発見。
 よもぎの両の掌に乗るくらい採れたのだ。
 念のため、ご近所の方に確認してもらおう。
 君の採ったそのアヤシイきのこもいっしょにね。
不明キノコ.jpg

 さて鑑定。
 「これ(あみたけ)はおいしいで。この辺ではずるたけ言うんじゃ。こ~れ(あやし)は食べたことがねえ。 やめときねえ。」
 「でもいいにおいがするんです~。」譲らぬよもぎ。
 「あきらめろ。」
 
 晩御飯にはあみたけのお味噌汁。
 きのこの味噌汁には毒消しになすびをいれてね。
 ずずっとすするほどに
 子供の頃の記憶が蘇ります。
アミタケ汁.jpg
                     きなこ

 両腕をキズだらけにしながら苦労してとった人生初のアミタケはおいしかったです。

 もうひとつのキノコもかなりおいしそうなニオイと外見だったのに・・・。
 「ご近所さんがまだ食べてないだけで、きっと食べられるキノコだよ~」と思いつつも
 人生80年を生きてこられたかたが食べたことないとおっしゃるのだから・・・
 ここは泣く泣くあきらめることにしました。毒きのこは怖いしね。

 さて、とったばかりのアミタケは茶色ですが、
 アミタケ3.jpg
 さっとゆがくとなんと鮮やかな紫色に。
アミタケ3.jpg
 食感はヌルッ、シャキッとしていて、ナメコさながらで絶品でした。
 また秋の楽しみが増えました。     
                     よもぎ
  


TWITTER
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
この記事のURL | きのこ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<できるかな? | メイン | 未踏の地にわけ入る>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kinakoyomogi.blog95.fc2.com/tb.php/183-298cbeea
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。