週末田舎暮らし 備前焼まつり
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
備前焼まつり
- 2010/10/16(Sat) -
 毎年行っているわけでもないが、いつも気にはなっている。
 この期間だけは普段ならなかなか敷居が跨げないギャラリーも気楽に入れるのがいい。
 
 今回は「きなこ母」を誘って見た。
 ちょっと出不精ぎみの母が二つ返事でOKなんてね。
 県内だから気が向いたのか。
 
 よもぎと二人。伊部駅で待ち合わせる。
 改札を抜けて手を振る母はまた小さくなったように見えた。
 
 ぶつからない程度の程よい人込をそぞろ歩き、一軒一軒覗いて。
 これだけ沢山の焼き物があるのに、びびっ!と来るのはほんの少し。
 でもそれを捜すのが楽しいのだ。
 しかもお財布と相談してちょっと悩んでお買い上げ。
 また楽し。
 そしてその作家さんの名を憶える。
 なんだか勝手にお友達気分。
 何かを理解しあえたかのような錯覚。

 母はやたら小物に目がいくようだ。
 ちっちゃい蛙。箸置。
 「豆買いに来ました。」とか言って、えんどう豆の形の箸置をよもぎと一緒に選んでいる。

 
 ぐるっと一周見残しなし。
 最後にくじ運悪いはずのよもぎがぐい飲みを当てる。
 ボランティアの中学生の振る大当たりの鐘で終了。
 
 遅目の昼食に選んだ蒜山やきそばと、津山ホルモンうどんはちょっとがっかりなお味。
 もっとA級のハートを込めて焼こうぜ!
 
 楽しかった時も過ぎ、伊部駅から母を見送る。
 電車の中から大きく手を振る母。
 正月には帰るよ。            きなこ
 
 bizen.jpgokaimono.jpg
 
 
 
 


TWITTER
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
この記事のURL | おでかけ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<その後シリーズ | メイン | できるかな?>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kinakoyomogi.blog95.fc2.com/tb.php/181-c0d36ad6
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。