週末田舎暮らし 湿地帯の住人
湿地帯の住人
- 2010/04/04(Sun) -
  我が家の敷地の片隅に小さな湿地帯がある。山水が絶えず流れ込んでくるのだ。
  本来ならちゃんとU字溝を掃除してればそこまでにはならないはずなのだが、これはいいとばかりに湿地を好むクランベリーやカキツバタをせっせと植えた人がいる。よもぎだ。
  いつかなんとかせねばずっとジトジトやん。と思っていたのだが、更にそこに棲みついたやつがいるのだ。 カスミサンショウウオだ。
  その卵塊を今年もみつけた。先週はまだ5mmくらいのちびっこたちが卵塊の中でくるくるでんぐりかえししている。  それが今日はもう1cm強になっていてエラのひだひだが出来てきたぞ。
  彼らに会うのはおよそ30年ぶり。中学校の木造校舎と裏山の間の溝に彼らは棲んでいた。給食の苺ジャムは食わなかったし、牛乳ビンに入れて女子に見せた。彼らがいるからと溝掃除もしなかったのを憶えている。
  その後校舎は鉄筋コンクリートに建て替えられたと聞くと、彼らはいなくなったんだろうと思った。  
  そんな彼らが我が家に帰ってきたのだよ。
  好きなだけいるがいい。  ここは・・湿地帯だ。
                             きなこ

  
  


TWITTER
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
この記事のURL | 生き物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<満開の花の下で | メイン | 育苗中4>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kinakoyomogi.blog95.fc2.com/tb.php/146-41fd9af7
| メイン |