週末田舎暮らし 桜の花の咲く前に
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
桜の花の咲く前に
- 2010/02/20(Sat) -
  やっておかねばならない事がある。 桜は病害虫に弱い植物。最近町の桜並木を見ても傷んで手入れされていないものがほとんど。勝手なもんで花の季節以外誰も気に留めない。ソメイヨシノはたった60年余の寿命しかないというのに・・。
  ウチの9本の桜はたぶんボクと同じ位の年だ。所々傷みが見え始めた。ちょっと気になりだしたのだ。
  先ずはテング巣病にかかった枝の切り取り。なんでこんなやっかいなものは高いところに出来るんだろう。考えた末、孟宗竹の先にノコギリを結わえて切り落とすことにした。クソ重い上に下からでは鋸刃がちゃんと当たってるかどうかよく見えんぞー。それでもごりごりするとなんとなく手応えが・・。鋸くずが空を舞う。これ4本。1時間半。もうくたくた。
  しばしの休憩を挟んで幹についたコウヤク病や苔、カワラタケ等を削り落とす。付きすぎるとやはり気が弱るようだ。がりがりごりごり。苔くずが顔の周りを舞う。 30分。首ざらざら。
  最後に胴枯れから洞ができかけている個所の補修。洞や苔は趣もあるがやはり長生きしてほしい。山から腐植のない粘土質の土を取ってきて水で練ったら、傷んだ部分の腐れを取り除き、その粘土を塗りつける。治療法を調べてもだいたい「何とかを添付する」とかなっている。クスリを使わないので直るとも言えないが、これ以上進行させない方法のようだ。
  リンゴの木村秋則さんはブツブツと一本一本リンゴの木に語り掛けたとか。きなこも声には出さないが、桜の幹に手を触れながら腹の中で語り掛ける・・。
  「今年もバッチリ咲けよっ! コノヤロー!」    きなこ
  
  
  


TWITTER
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
この記事のURL | 花・ガーデニング | CM(1) | TB(0) | ▲ top
<<思い出すだけでも  | メイン | シカ対策 これでどうやっ!>>
コメント
-コメント失礼します☆-
ブログ覗かせてもらいましたm(__)m

もし差し支えなければ見に来て下さい♪

http://ameblo.jp/sapurimania/

マメ知識とかも書いてます!

http://sapuri.shop-pro.jp/

ちなみに愛用してるお店です☆

いつの間にか常連になってました(笑)
2010/03/16 21:03  | URL | masashi25 #79D/WHSg[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://kinakoyomogi.blog95.fc2.com/tb.php/127-f6acb7b3
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。