週末田舎暮らし 2015年02月
蕪がすき。
- 2015/02/26(Thu) -
子供の頃から蕪が好き。
と、同じく芋が好き。
  「おおきなかぶ」「おおきなおおきなおいも」・・って絵本あったでしょ。
   あれよ。(おおきいのが好きなのか?)

この冬は蕪が豊作だった。
焼畑ネット栽培が続いたからか、
ネットの外のこぼれ種もダイコンサルハムシにやられなかったのは
この虫が減ってきたからなのか?

そんな蕪
やわらかい間引き菜はお浸しに。小蕪は生でポリポリと。大きくなった葉っぱは浅漬けに。
年末が近づくと
千枚漬けに紅白なます。お雑煮に。

このころから籾殻をばさっと被せて(掘り上げて土に埋めると味が落ちる。ネットはそのままにしておくとネットに霜が乗って防寒に、風のある日はかぜよけになるのだ。)休眠に入りますが・・。

おおきく割ってポトフに。味噌汁の実に(モモ缶みたいな切り方がウマい)。
薄く削ってサラダに。
千切りにして刺身のつまに。

今日はコチと一緒に蒸し物にしてみた。
瀬戸内では庶民の高級魚。
淡白でぷりッとした白身にとろとろの蕪を、アラと昆布出汁のあんかけで。
コチと蕪

柔らかく炊いた蕪と豆腐の田楽もいいぞ。
味噌との相性はばっちり。
蕪と豆腐

そしてまだまだこれからも!

畑に残った蕪たちはもう準備している。
甘くて柔らかく薫る菜の花を。
ボクはそれを待っている。

 暑い夏。汗だくで畑を焼いて種を撒く。
 そして土をもたげた小さな双葉。
   ・・・これが可愛いのだ・・・。

   きなこ


スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
この記事のURL | 料理 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ