週末田舎暮らし 2015年01月
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
扉の製作
- 2015/01/26(Mon) -
扉を開ける
そこには人それぞれにいろんな想いがあるだろう。

新しい扉なら尚のこと
時には期待や不安が入り混じっていたりして・・・

そんな訳で
ウチのカフェの扉にも気持ちを込めたいもんだと思っている。
それが人を迎え入れるということだ。

頭にあるのは
木の温かみ。ガラスの透明性。鉄の重厚感。

ベースこそ狂いが出てはいけないのでコンパネを使ったが、
杉材を中心にを削ったり磨いたりしたものを張り付けている。
イメージ先行がいけなかったのか
気づけば相当な重量の扉になっていた。(30キロは超えた模様 これにまだアイアンを+すると・・・)
ドア1

いかん!これに耐えられるヒンジを探さねば!
「重くて開かない扉」はいやだー!
・・どうしよう・・
・・なーんて。こんなこと考えるのもまた楽しいんだな~。


並行してやっているのは窓まわりの柿渋塗り

サッシの上窓につける欄間風の竹細工は
よもぎ製作担当ががんばっているのだが、
思ったより製作が速いのだ。(よって上窓の仕上げを急ぐことになった。)
宿題も与えてみるもんだ。
欄間2

上窓部の柱とまぐさに薄めた柿渋を塗っては乾かすこと今週は3回
来週は1度サンドペーパーかけて上塗りしてみよう。

ゆっくり色がかわっていく柿渋
こんなことが楽しくてしかたない。

     きなこ





スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
この記事のURL | オーベルジュへの道のり | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。