週末田舎暮らし 2013年08月
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ミョウガで晩ごはん
- 2013/08/31(Sat) -
ミョウガを食べすぎるとアホになるでー
って母は言います。
ミョウガと言えば毎回のように。
アホやからええもん。
って毎回答えます。

しかし、夏の畑には葉物野菜がなく、どうしても野菜不足になりがち。
畑の隅でわさわさにょきにょき生える茗荷
これを生かさない手はありません。

よもぎの得意はウチでは「豚ミョウガ」とよんでいる
ミョウガと豚コマだけのシンプルな炒め物。(時にはこんな風に胡瓜も入ります)
豚みょうが

繊維方向にザクザク切った大量のミョウガを使います。
味付けは和風出汁がよろしい。
口いっぱいにミョウガの香りが広がると、
疲れた体も不思議としゃきっとするし、
何よりご飯がススむススむ!


そしてこの日ボクがつくったのは
「うおぜの南蛮風」
「うおぜ」は「しず」とか「エボダイ」ともいわれますが、「バターフィッシュ」とはあまり言わんな。
昔は安い魚だったのに、いつしかお高くなりました。
水分の多い魚だが、油との相性は抜群。
今日はお得意の半額シール付です。

好みのポン酢をステンレスボールにたぱたぱ入れ、砂糖を加えて少し甘めに。
唐辛子などは気分で。
ここにザクザク切ったミョウガ・玉葱を入れて馴染ませます。
衣をつけてオリーブオイルで揚げたアツアツうおぜフライを
じゅッと浸けて休ませます。

盛りつけに赤くなったシシトウとピンクペッパーを散らしてみました。
うおぜ

洋風の何とかビネガーみたいなのや、香草を使ってみたいのだが、
冒険できず、いつも口の慣れたポン酢を使ってしまいます。

つぎはどんなミョウガ料理にする?

  てんぷらもなかなかいけるぞ!
      きなこ


スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
この記事のURL | 料理 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。