週末田舎暮らし 2012年06月
サボテンステーキ
- 2012/06/29(Fri) -
我が家に2人がやってきたばかりの頃、隅に地味にサボテンが生えていました。イングリッシュガーデンはたまた山野草ガーデンを夢見ていたわたし(よもぎ)は非情にもサボテンをポイしようとしてしまったのです。
深く土に埋めて「ごめんね~。」なんて思っていたのですが・・・。

ある日ふと家の裏手を見ると、鉢に丁寧に植え直しされたサボテンがおりました。
犯人はもちろん・・・・です。「かわいそうやったから~」と。
それからかれこれ4~5年がたち、サボテンは増殖をつづけ、鉢からはみ出た葉が下に根をおろし、
とうとう家の裏手にサボテン畑が出来てしまいました。
サボテンって寒さにもかなり強いんですね。
ウチワサボテン

ことしも「う~むどうしたものか」と大量のサボテンを見つめていたのですが、
新しいぷっくりした葉が出てなんだか棘もいたくなさそう。
もしかして、これって食べれるんじゃぁない?
・・・というわけで、5~6枚葉っぱがちぎられ持ち帰られたのでした。

さて、何にして食べるか・・・と迷っていたら・・・

慎重に「これは食べられるサボテンなのか」ネットで調べる きなこ。
対して「大丈夫だよ~。これウチワサボテンだし。サボテン公園にあるようなのと同じだよ~。」と
ざっくり よもぎ。 ま、きなこのおかげで食中毒にならずに済んでいる気がします。

ともかくしぶしぶOKがでたため、まずはステーキにしてみることにしました。
はじめ、表面のとげ状のやわらかい緑の突起物をさわって「いたくないから新芽はとげ取りしなくていいんだぁ」と思い込んでたのですが、実はこの緑の柔らかい突起をとりさるとその下に目に見えない棘がいっぱい
おりました。 いて。いててて。急にちくちくとトゲトゲ攻撃。そこにいたのですね。
スプーンで棘の部分をガリガリこそげとりやっと下処理終了。

ここまでくると後は簡単。焼くだけです。
畑で収穫したズッキーニ、ポテトとともにガーリックソテーにしてみました。
サボテンステーキ1
サボテンステーキ2

肝心の味はというと・・・・ん?なかなかいけるかも~。
食感はアロエやオクラのようなぬるっこりっとした食感。
かすかな酸味と後は、ミネラルやアミノ酸なのでしょうか、味という味はないけどかすかな
旨みを感じます。意外と食べられたサボテン。
きなこは呆れ顔ですが、新たな食材を発見し、満足満足なのでした。

他にも和食系のアレンジもできそうなのでチャレンジして見ようと思います。

それにしても棘には要注意。数日たってもあちこちで「いて。いててて。」となるのでした。
                                     
                                      よもぎ
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
この記事のURL | 料理 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ