週末田舎暮らし ハーブ
皮膚のかゆみ対策 ドクダミ化粧水
- 2013/01/10(Thu) -
きなこ父は現在 人工透析をしているのですが、
透析患者さんはいろんな原因がからみあって、皮膚の痒みが出やすいらしく、
きなこ父もやはりかゆみに悩まされています。
原因は皮膚の乾燥など外側の原因のこともあれば、皮膚にリンやカルシウムが蓄積する
など内側の原因によることもあり、またその他の原因ともからみあっていることが多いので
簡単には解決しないことが多いそう。

ほんとうにつらそうなので、なんとかならないかと対策を考え中なのですが、
このお正月休みに試してみてよさそうだったのは
「加湿器」と「自家製ドクダミ化粧水」です。
加湿器とドクダミ

湿度計をつけて計ってみると部屋の湿度はなんと35~40%
湿度計

かなり乾燥してます。これも痒みの原因のひとつになっているはず。
そこで加湿器をもっていってガンガン使ってもらうことにしました。
そしてかゆいところにドクダミ化粧水を塗りこんだ後、保湿性の高いクリーム
(今回はワセリン)をその上から塗りこむことにしました。
 
お風呂あがりや食後など体が温まった後がとくに痒みが増すらしく、その時は
しばらく塗ってさすってをくりかえさないとダメですが、ドクダミ化粧水を
塗ったほうがかゆみがおさまりやすい気がします。

これは主に皮膚の乾燥対策であって、完全に痒みが消えたわけではないし、
人それぞれ原因や程度によって効き目は違うと思うのですが、きなこ父にはあっていた
ようです。ワセリンのかわりに「ホホバオイル」など植物性のものに変えて
みたらさらにいいかも。
後、オフロあがりに水分が失われやすいので、あがったらすぐに塗りこむのも
ポイントかも。

他にも内服薬を服用したり、透析方法を変えたり時間を長くしたりすることで
ましになる方もあるようなのですが、病院からはすすめられていないとのこと。
ひきつづき自分たちで出来るいい方法を調べてみたいと思います。


                         よもぎ
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
この記事のURL | ハーブ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ネトルのソテー
- 2011/03/28(Mon) -
ただ今22:00 さっき、仕事から帰ってきました。
これから晩御飯といいたいところですが、きなこもまだ帰っていないのでブログを書いて待つことにしました。
毎日忙しいですが、でも被災地の方たちのご苦労を思うとなんてことないさ とも思います。

義援金 職場でもお店でもできる範囲ではありますが声がかかれば、見かければしています。
まだまだ必要な物が足りていない緊急を要する状況でしょうし、
復興まで少しでも早くと思うと、
とにかく長く続けていくことが大事だろうと思います。

神戸淡路の震災の時は1度目の仕事をやめたばかりでしたからボランティアに行くことができたけれど、
今はそういうわけにもいきません。有志の方のボランティア活動に頭が下がる思いです。
私たちも自分たちにできるかたちでがんばります。

・・・・と、恰好のいいことを書いたけれど、現実は仕事でぼろぼろ、花粉でぼろぼろの よもぎ♀です。
今日は花粉にいいという自家製キムチの鍋に これまた花粉にいいというレンコンをむりやり入れて
いただく予定です。

先日はこれまた花粉にいいというハーブ「ネトル」を庭から摘み取ってソテーにしてみました。
このネトル、とげとげがすごいので、素手で触らないように要注意なのですが、
蟻酸が含まれているので、刺さるとよけい痛く、かなり長くチクチクヒリヒリします。
(熱をくわえるととげとげはなくなります)
種から蒔いて増やしたものですが、今ではソテーにできるほどわさわさになりました。

ネトルにはミネラル、鉄分など各種体にいい要素たっぷりで、血液の浄化作用あり。
実はアレルギーの原因、ヒスタミンも含まれているのですが、これをあえて
とることで減感療法的な感じなんでしょうか?かえってヒスタミン抑制の効果もあるらしいです。
ネトルはすごい!!

栄養素を逃したくなくてさっとゆでてオリーブオイルでソテーしたので ごわごわしますが、
でも味は癖がなくまあまあ食べられました。
でも、きなこにいわせれば、「まずからず、うまからず」「ただの草じゃん」・・・むか~。

花粉シーズンはまだしばらく、なんとかのりきっていきたいと思います。  よもぎネトル
ネトルソテー



人気ブログランキングへ
この記事のURL | ハーブ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
その後シリーズ
- 2010/10/18(Mon) -
先日は「未踏の地」に踏み入った様子を書いたのですが、その後を書かず放置されてました。
後、ハイビスカス・ローゼルの成長のその後も。結構そんなのが多いのでたまにはその後を
記録しておきたいと思います。

まず「未踏の地」のほうは、一応雑木と雑草はとりのぞかれ、とてもすっきりしました。
そして、予定通りカラタチと、後、柚子の木も植えられました。この柚子でさえ、我が家では
今まで外では育たなかったので、これからこのブロック塀の中で冬越しに挑戦です。

すっきりした.jpg
土は思ったより固くなかったけれど、中から粗大ゴミが出てきたのにはびっくり。
このへんは粗大ゴミの収集も頻繁ではないので前の持ち主の方がきっと埋め立てられたの
でしょう。少しずつ綺麗にしていきたいと思います。

ハイビスカス・ローゼルのほうはというと、嬉しいことに今年はじめて収穫にこぎつける
ことが出来ました。あまりにぎっしり実がついたので重くて支柱で支えられず、
2回ぐらい、ぽてっと倒れていたのを必死に起こしてここまで来ました。
赤ローゼル実.jpg
後は種がとれるかどうか微妙なところ。そとの赤いガクを剥いて、種はひきつづき完熟
に向けて放置です。

この後さらに続編があるかどうか? 続編を書けることを願いたいですね。よもぎ

書きなさい!  きなこ







TWITTER

人気ブログランキングへ
この記事のURL | ハーブ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハイビスカス ローゼルが咲きました.
- 2010/09/21(Tue) -
畑のハイビスカスローゼルが咲きました。
なんと去年よりも1ヵ月半近くも早い開花です。
ベランダで育ててる鉢のほうはまださっぱり蕾も見えないので、田舎の畑のほうが、
日照時間や気温など条件があっていたようです。
朝ゆっくりと開花して・・・お昼前に満開、午後からは・・・あれ?
2時にはもうしぼんで夕方には黒くなっていました。どうりで今まで開花してるところを
見れなかったはずです。
後はこのまま最低気温が下がりすぎなければ開花から
2~3週間で収穫が出来る予定。種も採りたいのだけれどそこまでたどりつけるかな。
今年はかなり期待が出来ます。

緑茎系のローゼル?のほうは、ホリホックのようなフリフリの花弁がとってもかわいい。
かたや赤茎系はオクラの花のようなシンプルな花。
赤茎のほうがポリフェノールは多そう。お茶にするならこちらのほうが
適しているのでしょうか?
収穫までもうひといきです。                 よもぎ
ローゼルミニ蕾.jpgローゼル蕾.jpgローゼル開花.jpg
ローゼルしぼんだ.jpgローゼル開花後.jpgローゼル白花.jpg




TWITTER

人気ブログランキングへ
この記事のURL | ハーブ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ハイビスカス ローゼルに蕾。
- 2010/09/05(Sun) -
ハイビスカス ローゼルを育てだして3年目になります。
実を収穫してハイビスカスティーにしたくてがんばってるのですが、
これが寒さにめっぽう弱いので、非常に苦労していました。
ハイビスカスローゼルは短日植物で秋、日が短くなってから咲き出すので、下手すると11月の開花になることもざらなんですが、最低気温が10度をきると枯れてしまうので
ほんとに難しくて。

1年目は花も咲かずに寒さの為に枯れました。
去年は室内で花は咲いたものの、その後温度管理と日照が上手くいかず、実はつかず。
今年はだめもとで鉢植えの他に、畑にも直接植えてみたのですが・・・・。

これが意外とよかったようで、なんと去年より2ヶ月も早く、今頃蕾がついてきました。
畑のまわりに家がなく、日が暮れるとすぐ真っ暗になることと、今年の猛暑もいい影響を
与えているのかもしれません。

この後無事に開花、結実するかどうかは分からないけれど、期待大です。
がんばってほしい~!                        よもぎ

ローゼル1.jpgローゼル2.jpg


TWITTER

人気ブログランキングへ
この記事のURL | ハーブ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ