週末田舎暮らし
FC2ブログ
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
山と庭の素材でリースづくり
- 2017/12/25(Mon) -
山の雑木を伐採した時に サンキライ(サルトリイバラ)の実を収穫しました。
あと、なにかわからないツルも。
そして庭には 針葉樹(ブルーアイス)の大きな木。
これもまたホームセンターの小さい苗が成長したもの。
後は、ローレル(月桂樹)もある。
そこで、ひさしぶりのリースづくり。
飾りはひかえめの無骨なミニミニリースの出来上がりです。

リース
リースづくり
つくりはじめるのがいつも遅くて短い間しか飾れないけど、
田舎ならではの自然素材リース。冬のお愉しみです。
                          よもぎ
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
この記事のURL | クラフト | CM(0) | TB(0) | ▲ top
干し柿のある風景
- 2017/11/25(Sat) -
我が家の庭の紅葉は 11月前半に見ごろを迎えました。
こんな紅葉や・・・
秋

こんなかわいいナナカマドを楽しんだのも、はや2週間も前のこと。
秋2

そして、それと同じころ、ご近所のMさんに誘ってもらって干し柿づくりを
することになりました。
実は、今までなんどかチャレンジしたことはあるのですが、
今までカビをすぐ生やしてしまい、成功したことはなかったので、
ここでは干し柿はつくれないものと思っていたのですが・・・

今回は 時期や天候、そしていただいた柿 すべてのタイミングが
好条件で・・・なんと はじめての干し柿 成功となったのでした。

前回は熱湯や焼酎で消毒をしたにもかかわらずカビがきたというのに
今回はなにもしなくてもカビしらず。
あらためて、時季や天候が大事なんだなぁと実感しました。
それと、今回は井戸小屋の屋根の下に吊るしたことで、
四方から いい風が通り抜けていくのもよかったのかも。
あらためて誘ってもらったMさんには感謝です。

干し柿が吊るしてある風景は美しく、とても趣深いものですが・・・
干す
井戸に

ところが、このまま干していると、虫や鳥にやられてうまくいかないとのこと。
ここは見た目は我慢して、ネットをかけることにしました。

これが現在の姿。
干し柿 完成

完成までにはもうひといきなんだけど、ほぼ成功したのが嬉しくて、
ついつい味見したり、おすそ分けしたりして、じわじわ減ってきている干し柿。
近所ではサルが出没したとの噂もあり、気が気ではない・・・。
完成までに何個残るかなぁ?

                              よもぎ


人気ブログランキングへ
この記事のURL | 自家製 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
甘酸っぱい紅玉りんごで・・・
- 2017/11/15(Wed) -
先日 珍しく スーパーで見かけた真っ赤な紅玉りんご。
紅玉1

もともと果物はなんでも「甘みだけでなく酸味がなきゃぁ」というのが持論の きなこ氏は、
みかんも、すもも も、青~いのがお好き。
ふだんは りんごなど見向きもしないのだけれど、この日は「あ、紅玉だ♪」と
珍しく好反応を示したので、ひさしぶりに買ってみることにしました。

紅玉は、もちろんその甘さとともに酸味も強いのが特徴で。
切ると甘酸っぱい香りがして、そのままでも 十分おいしいのだけれど、
せっかく紅玉を買ったので、急にアップルパイが焼きたくなってきたのでした。

パイ生地から焼くか少し悩んだものの、まあ、無理はせず、市販のパイ生地で。
アップルパイ材料
りんご2個を櫛にきって、バター10g(20gだっけ?)とともに鍋でしばし加熱し、ほんの大匙1杯の砂糖とラム酒を投入。
そして本当はシナモンをいれようと思ってたのに・・「あ、シナモンきれてる・・・。」
がっかりしているとそこに「このあいだ買ってくれた 八ツ橋(せんべいタイプ) があるやん。」 と きなこ氏。
「お~、そうやったぁ♪」 急遽、こまかくみじん切りにした 八ツ橋 も投入されました。
パイフィリング

パイ生地の上に、りんごをのせて、その上にまたパイ生地をのせていくのですが、
ここは竹細工の四ツ目編の要領で・・・・。(後で見るとけっこう編みを間違えてるけど・・・)
パイシート

オーブンで焼き上げたら・・・できあがり。
オーブン

パイ カット

やっぱり市販の甘~いのよりも、この甘酸っぱいのが絶対おいしいなぁ。
我が家に 実は、紅玉の苗木を植えたこともあるのだけれど、うまく育たなかったので、
断念したことを思い出し、ふたりで残念がることしきり。
まあ、また、お店に出たときに買ってつくることとしましょうか~。
                                        よもぎ






人気ブログランキングへ
この記事のURL | お菓子 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
グレナデンシロップをつくってみた
- 2017/11/01(Wed) -
今年は、ザクロが豊作でした。
ざくろ

赤くてかわいいザクロではありますが、そのお味はかなりすっぱい!!のです。
夫 きなこ氏は 「それがいいんだよ~」と 嬉しそうに食べているけれど、
私は そのままでは あんまり食べられないなぁ・・・。

そこで、グレナデンシロップをつくってみることに。
グレナデンというのはざくろの意味だそう。
つくりかたはいたって簡単で、
①半分に割って中の種をとりだす
割って水漬け
②砂糖と一緒に瓶にいれる
砂糖入れ

③水分が出てくるまで置いておく    たったこれだけ。

しばらく置くと徐々に赤いきれいなシロップになっていきました。
エキスでた

最近 血糖値が高い今日このごろなので、この甘いシロップをつかったドリンクもがぶ飲みは禁物です。
食前酒用に かわいいサイズのグラスを買ったので、それに入れて少量ずつ水で割って楽しむつもり。
ながめるだけで もったいないなと思っていた ざくろの利用方法が見つかってちょっと嬉しい気分です。
また来年も豊作でありますように。              よもぎ



人気ブログランキングへ
この記事のURL | 自家製 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
水が出たぞー!!
- 2017/10/24(Tue) -
我が家の敷地の端れに古い堀井戸がある。
電気の井戸ポンプが壊れてからもう数年、
ちょっとずつ復旧工事を進めてきた。

井戸には不思議な魅力がある。
夏は冷たく、冬は暖かく感じる澄んだ水が溢れ出す。
そこに人が集まり、静かな田舎に人の声があふれる。
サツキとメイの井戸だって
ずいずいずっころばしの、お茶碗欠いたのだぁ~れの井戸だって
そこに暮らす人々の豊かさは
たぶん多くの人に容易にイメージできることだろう。

そりゃあやっぱりガチャポンでしょう。
電動を否定はしないけど・・・
雨水が入らないように、かつ雨天でも問題なしってことで
屋根がほしいでしょう。
それは少々くたびれていて・・
そんな屋根の軒に樋はなく、雨だれこそが似つかわしい。
人がいないときはひっそりと緑にとけこんで
佇んでいてほしい。

 そんなイメージの中で工事を進めた・・・   ・・休み休みの数年間。
                      
地下深くから溢れ出したきれいな水に
僕たちは歓喜の声をあげた。
  がっちゃんこーがっちゃんこ。
あ~水があるだけでこんなにシアワセなんて。
  がっちゃんこーがっちゃんこ。
野菜を洗おう。その汗と土にまみれた顔を。


まだまだ細かい部分ができていないけど
ちょっとずつ仕上げていくのだ。
  今日の喜びを忘れず。

     きなこ

井戸2
井戸3




   

人気ブログランキングへ
この記事のURL | 野山しごと | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。